地域

Vol.9 きものに新しい命をふきこみます

元気と人情あふれる東大阪・八尾の店主さん大集合!

八尾ファミリーロード商店街のいけうちやさんを訪ねました。

 

プロフィール

店主:池内 祥雅

店名:いけうちや

業種:呉服店

趣味:旅行・ゴルフ

 

創業してから何年ですか?

明治38年(1905年)創業で、今年で112年目です。昭和4年ぐらいにこの八尾ファミリーロード商店街でお店をはじめ、私は昭和45年2月1日、父から引き継ぎました。昔は商店街に13件ほどのきもの屋がありました。今では私のお店を含め2店舗ですが頑張って商売をしています。

 

どんなお店?

呉服ときものの販売とレンタルをおこなっています。8年程前より完全オリジナルのきもの創り、きもの生地を加工して手織りで織物(洋服地・ストール)の創作品を作ったりもしています。衰退しているきもの業界で新しいことにチャレンジしたいと思い、オンリーワンの商品創りをすすめています。

 

商売をやっていて良かったと思うことは?

たくさんのお客様ときものを通じて知り合い、お客様に「着物って楽しいな」と思っていただけることが喜びです。また、商売を通じて仕入先や同業の知り合いがたくさんでき、お互いに助け合う事ができたことです。今では、日常からどんどん離れて薄れていくきものですが、きもの地を使ったストールやかばんといった違った面で発信することに面白さを感じています。

 

商店街のPR

大型店が開店、閉店を繰り返す中で、商店街の各店が楽しんで商いをしています。また、商店街に足を運んでいただいたお客様には、今以上に楽しく買い物をしていただけるような商店街づくりをめざしています。

 

お店のPR

きものだけでなく、着なくなったきものを画期的に変える提案をしています。例えば着なくなった着物を糸状に戻し、織り機を使って丁寧に1本1本糸を編み込み作られたストールや草木から抽出した染料で染めたストールなど、数々のオリジナル商品が誕生しています。すべて手作業のため時間はかかりますが、思いをこめた逸品に生まれ変わりますよ。店内には古くなったきものが生まれ変わった商品も多数展示しているので商店街にお越しの■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■際にはお気軽にお立ち寄りください。

 

最後にひとことメッセージ

キャリアとして50年程、呉服一筋できました。山あり、谷ありの商売人なら誰もが味わう道だろうと思っています。自分が活動してきた和装の業界のスケールが小さくなる姿は悲しいですね。定年退職する年齢になりながら、自分が扱ってきたきものが消える様に感じて、この7~8年いろいろ工夫をしてきました。きもの本来の良さを生かした織物でお客様を感動させたいと思った時、「もう10歳若かったらな~」と年齢を感じながらも体と頭をフル操業するのが楽しいですね。いらなくなったきものや思い出のきものをお持ちの方は、古着で売るのではなくぜひご相談ください。

 

取材を終えて

きもの一筋、きものだけを考え、衰退しているきもの業界から新たなモノを考えて奮起している池内さん。シルクロードを旅行したこともあり、カンボジアで見つけた現地の手作り織物の編み方や染色方法に偶然出会い、きものを使ったオリジナル織物創りをひらめいたそうです。今では日本だけでなく海外の人ともきものを通して仕事をしており、これからもどんどん新しいことにチャレンジしていって欲しいですね。

 

 

 

One thought on “Vol.9 きものに新しい命をふきこみます

Comments are closed.

Top