アスリート諸君

アスリート諸君No.1 東大阪ラグビースクール

アスリート諸君!リニューアル後、第一回目の取材はラグビーのまち東大阪らしく、
東大阪ラグビースクールさんに取材をお願いし、加藤欽也校長にお話をお伺いしました。

%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%bc%e3%83%ab7

 

アスリートラグビースクール3

Q:たくさんの子どもたちが練習に励んでいますが生徒さんは何名くらい在籍していますか?
A:現在選手は幼児から6年生まで全員で170名在籍し、指導者は60名以上在籍しています。
昨年のラグビーワールドカップ2015で盛り上がって以降20人以上は入団していただいたと思います。

 

アスリートラグビースクール4Q:発足はいつ?
A:1986年大阪工大高校OBの朝尾氏が東大阪のこども達にラグビーを教えたいと若江岩田を中心に始まり、昨年で30周年を迎えました。

Q:過去の実績は?
A:ヒーローズカップ大阪1位、全国大会4位、ラグビーマガジンカップ全国大会出場などです。

Q:主な活動場所は?
A:試合や行事がないときは基本、毎週日曜日、意岐部中学校で練習しています。

アスリートラグビースクール2Q:過去に輩出した選手は?
A:神戸製鋼 田邊秀樹選手、ヤマハ発動機 小林広人選手、豊田自動織機 下平凌也選手など現役のトップリーガー多数輩出。8月に行われていたリオデジャネイロ・オリンピックにも7人制女子ラグビー代表に当スクール卒団生の山中美緒選手が選ばれました。

 

Q:山中美緒選手はスクール時代どんな選手でしたか?
A:男の子の中に混ざってプレーしていてもそん色ないというか、その中でも目立った存在でした。女子は男子に比べるとラグビーをできる場も限られていて環境的にも恵まれない中、努力を続け日本代表選手に選ばれるまでになったことにうれしく思います。

アスリートラグビースクール5Q:チームのスローガンは?
A:子どもたちも楽しむ
指導者も楽しむ
父兄も楽しむ
です。
練習中や試合中はもちろん厳しくする場面もありますが、休憩中や練習、試合後は皆で冗談を言い合ったり、チームに携わる皆が楽しめたらと思います。
また、練習・試合以外にも、合宿やBBQなど皆で楽しめるイベントも行っています。

アスリートラグビースクール1Q:チームの目標をお聞かせください
A:各学年スクール大会優勝を目標に取り組んでいますが、必要以上に勝ちにこだわらないよう各学年の指導者にはお願いしています。

Q:それはなぜですか?
A:小学生でまだ体もできていないのに無理して試合に出続けると故障に繋がりますし、
勝ちにこだわりすぎると特定の選手が試合に出続けて、試合にまったく出られない選手がでてくるからです。2チーム登録できる大会には体格差などを考慮しながら、各学年2チームずつエントリーして、皆が試合に出て、試合の楽しさや、勝った時のうれしさを選手全員に体感してもらいたいです。

Q:どのような練習をするのですか?:
A:各学年で短期、長期目標を立て練習に取り組んでいますので、練習内容は各学年違いますが、幼稚園から始める子もいたら小学5年で入団する子もいるなど始める年齢がみな違いますので基本練習は大事にしています。基本練習を大切にしたうえで個々の体力、能力、個性を活かしながら、伸ばして育てる努力をしています。

アスリートラグビースクール6Q:子どもたちへの教え、学んでほしいことは何ですか?
A:チームワークや、人を思いやる心をラグビー通じて学んでほしいと思います。

募集要項:
男女問わず幼児から6年生まで募集中。練習見学、体験入学随時開催、連絡は事務局、宮後までお願いします。090-4567-6116

入会希望者へのメッセージ
当スクールは選手も、父兄もみんなで楽しくラグビーを楽しめる場です!!
どなたでも歓迎です。お待ちしております。

Top