地域

VOL.14 家族に食べさせたいと思える安全でおいしいお米だけをお届けすることを心掛けています

元気と人情あふれる東大阪・八尾の店主さん大集合!

ひらた米穀店さんを訪ねました。

プロフィール

店主:平田 義敬
店名:ひらた米穀店
業種:小売店(米穀販売)
趣味:バスケットボール

創業してから何年ですか?

創業は1983年で、今年で35年目を迎えます。平成元年に若江岩田に移り、私で2代目です。

 

 

 

どんなお店ですか?

注文をもらってから玄米を精米しています。お客様の好みに合わせて白米や分づき米を提供しています。父親も私もお米マイスターの資格を持っており、家族に食べさせたいと思える安全でおいしいお米だけを一般のご家庭へお届けすることを心掛けています。また、お米は重いので配達エリア内であれば5㎏から無料で配達しています。その他、お中元・お歳暮や出産祝いのお返しなどのギフト米も承っており、ご希望によりオリジナルラベルも作成しています。美味しいお米をたくさん取り揃えておりますのでぜひ見に来てください。

※お米マイスターとは、日本米穀小売商業組合連合会が認定している資格で、お米の特性や特長などの幅広い知識を持ち、その良さを消費者に伝えることができると認められた人です。お米に関する専門職経験がある人にのみ受験資格があり、お米の博士号ともいえる資格です。

商売をやっていて良かったと思うことは?

お客様から「おいしかった!」と喜んでもらえた時です。特に子どもから言われると「米屋をやっていて良かった」と感じます。昨年は地元小学校の親子授業でお米の話をさせていただき、精米したてのお米を一人ずつお土産に渡したところ、後日いただいた寄せ書きに「今までで一番おいしいお米だった!」と書いてくれた子どもがいました。その寄せ書きは今では私の宝物です。最近ではパン食の家庭も増えてきているので、これからも子どもたちにおいしいお米を食べる機会を与えていきたいと思います。

商店街のPR

「若江岩田を盛り上げよう!」を合言葉に若手商店主が中心となって「若江岩田きらりプロジェクト」が立ち上がりました。子育てファミリーに喜んでいただけるような「親子体験教室」や「お店屋さん体験イベント」などをおこなってきました。最近では妊婦さんを対象にした食に対するアレルギーへの講習にも取り組んでいます。これからも食に対する意識を持って、たくさんの人に喜んでいただける活動を続けたいです。

自己PR

私は若江岩田で生まれ育ったので、地元に愛着があります。たくさんの人に「若江岩田に住んでいて良かった」「若江岩田に住みたい」と思ってもらえるような町に育てていきたいですね。その中で「地元にこのお店があって良かった」と言っていただけるような魅力のあるお店にしていきたいと思います。

 

最後にひとことメッセージ

私も子育て中ということもあり、地元若江岩田が「人が育つ町」になるように自分のできることをしていきたいです。最近はお米屋も生産者も少なくなってきましたが、たくさんの人においしいお米を提供していきたいです。お米のことなら何でもご相談ください。

 

取材を終えて

取材中も平田さんのお米を求めて多くのお客様がご来店されました。実際にその場で精米しているところも見せていただきました。精米したてのお米は一粒ひとつぶが真珠のように艶やかに白くかがやき、新鮮さが一目でわかる印象でした。お店で販売されているお米は、平田さんが実際に生産者のところへ出向き、お米の作り方や田んぼの状態を確かめているそうです。皇室献上米にも選ばれた「銀の朏(みかづき)」や日本で二人しか作ることのできない「プレミアムゆめぴりか」など珍しいお米も取り揃えており、取材時も丁寧にお米の特徴を教えていただきました。

Top