アスリート諸君

アスリート諸君! Vol.2

第2回目のアスリート諸君は、2020年東京オリンピックで新しく種目に加わることが決定した空手をガンバッテいる大阪商業大学空手道部の市本寛君に取材をさせてもらいました。

img_1379

市本 寛(いちもと ゆたか)君 大阪商業大学公共経営学科3回生

Q:今までの実績をお聞かせください。
A:2016年4月にスペインで開催された第4回糸東流空手インターナショナルオープン大会75㎏超級で日本代表として出場し優勝しました。

Q:空手を始めたきっかけと、今まで続けてこられた要因をお聞かせください。
A:4歳の時に友達に誘われて空手を始めました。勝った時の喜びと、負けた時の悔しさをばねに今まで続けてこられたと思います。小学校の6年間は毎年全国大会に出場して、そのうち3回準優勝しました。

img_1392Q:強さの要因は何だと思いますか?自己分析してみてください。
A:僕は身長が高い方で手足が長いので、そこをうまくいかせていると思います。

Q:さらに強くなっていくために強化したいことは何ですか?
A:メンタル面を強くして、どんな場面でも自分らしく戦えるようにしたいです。

Q:体力維持など実践している練習方法をお聞かせください。
A:試合時間が大会によって違いますが、2分か3分なので試合時間に合わせた走り込み(タイム走)をしています。

Q:将来の夢は2020年東京オリンピック出場ですか?
A:ん・・・出られたらいいですね

Q:好きな科目、嫌いな科目等ありますか?
A:スポーツは全般的に好きです。今までにバスケット、水泳、ハンドボール、ソフトボールなどをしてきました。勉強は、、、

Q:好きな音楽は?
A:B’Zならどの曲でも好きですが、あえて1つ挙げるなら「RUN」です

Q:学校や練習の帰り道によくよるお店などありますか?
A:下宿先がすぐそばなのであまりないのですが、学校の前の「ゆうすけ」にはたまによります。

img_1413Q:読者へのメッセージ
A:2020年東京オリンピックに空手が新種目に選ばれたので少しでもたくさんの人に空手について興味を持ってもらいたいです。

 

 

 

 

Top