気まぐれ川柳

気まぐれ川柳 応募作品〚1月号〛

たくさんのご応募ありがとうございました!
応募いただいた作品をご紹介します。

さらに!ご応募くださった方の中から、
河内の郷土文化サークルセンター加盟「うらら短歌会」さんに
エコー東大阪紙面掲載作品を選定いただいています。
あなたの作品が紙面に掲載されるかも…!?
毎月第一金曜日の朝刊折り込みもしくはウェブカタログより、要チェックです!

まだまだみなさんの力作をお待ちしております▸▸応募する

🔻1月号のテーマは「お正月」

川柳 投稿者(敬称略)
90歳目指すは100のお正月 カラリ
お正月帰ってこない諭吉くん フーマー
お年玉受け取り孫は即帰る
催促に二度も同じ子お年玉 キムタック
せち飽きてたいつもの飯と妻せつく
長すぎる願いに妻の背をつつく
上がらない凧にもも上げ盃ピッチ
父上と呼ばれお年玉弾んでる
福笑い ピカソになって 妻ムンク イナバウアーの白兎
生きている 証に出して いる賀状
福袋 開ければ要らぬ 物ばかり
初詣 和尚二人を 見て笑う 極楽鳥
夢に出た 妻におびえる 恐妻家 初夢太郎
お正月 いつも目標 ダイエット となみ
昼酒に酔って誰もが福笑い 木立慈雨
雪焼けにさらに日焼けのご来光
「ガッツ賞を」の順かえると「おっ正月」 ふでりんどう
門松を くぐりたくない 高齢者 春爺
書初めは いのしし年も また「禁煙」
いい子だね パパに貸してよ 落とし玉 桑田暁美
お年玉 そだねそだねで 増え続け
三が日することなしに寝正月 大和の雨蛙
歳玉をいくらにするか孫を待つ
お供えのおもちが終わり今朝はパン
年始から 挫折の予感 ダイエット むーちゃん
諍いがあると思えぬ三が日 よもやま話
またもまた失せ物探す事始め
初夢に乗れそで乗れぬ宝船
お餅切れやっぱりご飯恋しなり 大和の雨蛙
羽根つきも凧揚げもなし子はスマホ
困ったな晴れ着たためぬ今の嫁
初詣まずは部長のお宅から 澄海
もういくつ 食べたら減るの 餅の数 にわとりママ
ためたのは 子はお年玉 ママは家事
孫が増え 小遣い減の お正月  まご命
お正月 子供の財布は メタボ腹
お正月 妻に一言 メタボ注意報
メタボ警報 わが家に響く お正月
メタボ警報 サイレン止まぬ お正月
年賀状 名前を変えて 生きてる便
孫が増え 赤字倍増 お正月
お正月 凧と羽根つき 飛んでった
お正月 ゲリラカイトは 何処いった
お正月 ゲリラカイトは 雲隠れ
お正月 計をたてるが 三日坊主
お正月 孫子が集い 暖要らず
お年玉 新札よりも 金額と
お正月 ゲリラカイトを 見てみたい
お正月 子どもが増えて 過疎解消
お年玉 子どもに戻り 貰い鯛
食べて寝る 平成惜しむ お正月
平静な 平成惜しむ お正月
戌にキバ 足して亥 出来上がり イヂロー
大空に 仲間がいない 都市の凧 中年やまめ
じいさまの おぞうにだけは もちがない
お年玉 ママに預けて 行方不明
ドヤ顔で 凧揚げ教え あごあがる
大吉を 何度も結ぶ 三十路の娘(こ)
正月が 明けるの待ってた 文春砲 アントニオ馬場
年取って 独り身正月 何めでたい!
正月が 誰が決めたか? めでたいと
年玉を もらって、さっさと 帰る孫
三が日 ゲームだけして 帰る孫
古希過ぎて孫から貰うお年玉 やんちゃん
初参り夫婦で違う腹の中
年明けに誓った抱負息切れし
初夢に期待しすぎて不眠症
年賀状新元号を機に辞める 風見鶏
お転婆も振袖着れば雅顔
組重に白南天の祝箸
お年玉齧られつくした細い脛 拓ちゃん
初夢で見たぞ見ました富士の山
プロポーズ「そだね~」とOK初夢か
お年玉 ジジババがする 初仕事 小夢僧
団子より ピザを焼いてる どんと焼き
帰省して いつ帰るのと  母が聞き PON5
子だくさん 親戚回り 自重する
食べ飽きて 妻が繰り出す 餅レシピ
年頭に 総ツッコミの 禁 断 酒
うちのママ ドハデ賀状の 上をゆく 緑鯉
お正月都会凧上げ禁止され 私はだーれ
お賽銭小銭で神をこき使い
お年玉預かる親が使い込み
獅子舞いにかまれ本気で怒る人
出初め式「ひょっとしたら」と期待する
年賀状番号控え出している
似てきたよ なんだかママに 福笑い あべっち
福笑い だんだんママに 似てきてる
すごろくも 彼とも遠い ゴールイン
門松は 施設に向かう 一里塚
願掛けの無垢の瞳にある未来 桃太郎
髪飾り揺れて二十歳の初詣
筆始め明鏡止水墨を濃く
ダイエット 出鼻をくじく お正月 ペースかめ
ありがとう たくさん飲める お正月
仕事より 大忙しな お正月
正月はトランプよりはカルタする ひねた猫
お年玉今年もないよ安倍首相
気まぐれなトランプ遊びもう飽きた
正月は雷落とせ浮かれ世に
税上げがお年玉とは悲しいね
正月や来年ネズミ鬼笑う
雑煮から気ままゆるさぬ家風ある がんこおやじ
心にも ないこと書ける 年賀状 泉州男
年賀状 毎年二通 くれる人
人により おめでたくない 元旦も
名前無い 賀状で脳トレ 三ヶ日
百円で お前あんまり 拝み過ぎ
元旦も やはり忖度の 無い鏡
年越しで ぼたん鍋とは 猪口才な ばいなりい
食べ過ぎて 俺のお腹が 鏡餅 さごじょう
初夢が 思い出せずに 二度寝する
鏡餅 みかん持ち去る もみじの手
肩車 して玄関に しめ飾り
親も子も 合格願う 初詣
年賀状 多い父さん 見直され
喰って寝て困ったズボン入らない 大和の雨蛙
孫たちが帰ったことさえ気が付かず
お年玉貰って帰る置手紙
お賽銭 仮想通貨で 祈る父 たかちゃん
お年玉 昔現金 今カード
初詣 父の頭で 拝む母
帰省中 食あたりだよ 兄さキス
年賀状 出した人から 全て来ず
縁担ぎ おせちで父は 円が消え
三が日 テレビは箱根 妻雑魚寝
元旦は ニワトリ自粛 もうケッコー
鏡餅 サンプル食べて 歯が欠けて
平成と 終わるの競う 夫婦縁
大掃除 腰をひねって 寝正月 猫背
和洋中 姑張り切る 節料理 ささゆり
孫二歳 硬貨嬉しい お年玉
初詣 モグモグタイムは おぜんざい
筋肉と 母のお節は 裏切らず
節料理 飽きてスイーツ ひょっこりはん
お年玉 似顔絵孫の 返礼品
思い込め 平成最後の 願かける
お正月 ボッとしてたら 早七草
お正月 節とごろ寝の 二刀流
「今年こそ!」 平成有効 4ヶ月 紫ょん
新元号 期し「平成」と 書初めす
ぼたん鍋 食べて平成 お・も・て・な・し
定位置を テレビに追わる 鏡餅 とりびあの
日めくりを めくると年が 目を覚ます
今年こそ 痩せると誓い 寝正月
おせち食べ 平成惜しむ お正月 サケノミ・クス
平成の 最後賀状で 友を追う
松の内 過ぎても毎日 ゴーンゴーン(カルロス)
ポストまで 正月太り する賀状 夏舟
お正月 縁もなくなり 円も消え たかちゃん
お年玉 孫から言われ 振込で
あけまして 父の耳には ハゲ増して
孫よりも まごまごしてる 爺と婆
初夢は 一富士二鷹 三カープ
おみくじを 彼女に見せぬ 大凶を
初日の出  方角音痴 西拝み
二段重 食べた妻腹 三段重
福袋 徹夜で欲しいの 寝袋が
福笑い 妻の真顔に 高笑い
くじ大凶賽銭少なかったのか さくらそう
寝て食べて ぶくぶく太る お正月 ぴちまつ
寝て食べて 平成最後の お正月
寝て終わる 平成最後の お正月
インフルで 寝込んで終わる 三が日
福袋 後悔買った ようなもの
ペッパーに 今年の抱負 聞いてみる
三が日 だけは糖質 無制限
お年玉 金はもらうが 歳いらぬ 仲ちゃん
年賀状 味気がないよ 印刷だ
三が日 ごちそう食べ過ぎ 後悔す おばば
三が日 テレビ見ながら 口ゆるむ
初もうで さいせん箱まで 長い道
お正月 寝たふりしても 起こされる 三河の太陽
元旦に 遠くの孫から おめでとう
駅伝を 見つつ血管 酒走る あおちゃん
一升瓶 抱え筋トレ 爺の腕
酒は空 記憶飛んでる 三が日
初夢は 普段かなわぬ 若返り
しめ縄を 丸く飾って 家族の和
門松に 折鶴かざり 帰る孫
お年玉 カード払いと 父が言い ひるねする夫
正月の モグモグタイム 肥りすぎ
ペッパーと 2人で祝う お正月 ぴちまつ
宝くじ はずれ質素な お正月
インフルで 寝込んで過ごす お正月
せめて吉 出て欲しかった 初詣
凶が出て 先行き不安な お正月
凶が出た 平成最後の お正月
お正月 なので糖質 無制限
福袋 福は開ける までの話
ごみ増やす だけに終わった 福袋
待ち人は 来ないそうです 初詣
本年も あけてがっかり 福袋
福袋 ごみと後悔 だけ残る
インフルで 寝込んで終わる お正月
お正月 ぼっちは家で 引きこもる
いいことは 何もなかった お正月
目出度さも 人それぞれの お正月 岩窟王
日々平穏 暮正月も マイペース
格別に 何が目出度い 寝正月
老い夫婦 加齢なるかな お正月
無理難題 数多の願い 初詣
五・七・五 知恵が出ぬまま 松が取れ 勝丼マン
帰省する 親に手渡す お年玉
添え書きで 達筆知らせる 友憎し
初詣 鈴なり壮観 一張羅
除夜の鐘 聞くより前に 寝た息子
新年が 来ると私は 古くなる ぶらり
占いの 立ち読みばかりの お正月
番組を オセチのように 突っついて
体重が 半端ないって 寝正月 コトダマオウ

(順不同)

Top